So-net無料ブログ作成
題詠blog2007 ブログトップ
前の10件 | -

題詠blog2007 投稿短歌まとめ・その2 [題詠blog2007]

051:宙
言い訳の天才だけど残念ね 視線が宙を泳ぐのキミは
052:あこがれ
実験は失敗だった あこがれに涙ひとつぶ後悔となる
053:爪
その爪が顔ではなくて背中へと食い込むことを切に願わん
054:電車
約束の時間通りに着いたのはキミではなくて電車だけです
055:労
労働の対価としてのキスの味 友達なんかやってられない
056:タオル
どちらかといえばタオルは涙より汗ふくものだ 泣くな働け
057:空気
いつクギを踏んだのだろう 情熱のタイヤの空気徐々に抜けてる
058:鐘
駆け引きをかなぐり捨てて全力を出すときが来た 早鐘が鳴る
059:ひらがな
ゆきひらがなべのことだとしったのはきみがでてったそのとしのふゆ
060:キス
寂しいという唇にキスすれば孤独の味が舌にひろがる
061:論
口論の果てに互いが持ち出した武器で決着 拳(こぶし)と涙
062:乾杯
喜んで唱和している訳じゃない 苦い酒での乾杯もある
063:浜
浜辺には手ごろな石と場所があり投げろ投げろと波がささやく
064:ピアノ
蓋をしたピアノは何か待つように瞑想してる黒い姿で
065:大阪
大阪のぬるい空気が好きやった けどあかんねんここにおったら
066:切
どの線を切れば時計が止まるのかわからないまま四十歳(しじゅう)を越えて
067:夕立
キミの目にほら何か今光ったね もうすぐ来るぞ激しい夕立
068:杉
杉花粉浴びてるキミが涙する そうだ花粉もオスの遺伝子
069:卒業
何からも卒業できる力なく課題だらけの毎日がある
070:神
捨て猫のような私を抱きしめて貧乏神は暖をとってた
071:鉄
冷たくて硬くて黒い銃鉄を体に入れて引き金を引く
072:リモコン
私(わたくし)を操っているリモコンはキミ自身だと早く気付いて
073:像
想像のピントが合って現実の炎が燃える クビを切られる
074:英語
日本語を英語のように喋ってる彼らにもまたナショナリズムが
075:鳥
落ちるのは怖くないのか海原を休むことなく渡り鳥飛ぶ
076:まぶた
唇を少し突き出しまぶた閉じキミは待ってる身を焼く種火
077:写真
わずかだけ光った時代閉じ込めた写真を胸に夜中旅立つ
078:経
愛された感触がない 神経が切れた心にキミが触れても
079:塔
少しだけ猫背になって問いかける父によく似た「太陽の塔」
080:富士
真っ白な姿の富士の地下深く静かに眠るマグマのたぎり
081:露
窓伝う結露はなんと家の外 中は冷たい言葉の吹雪
082:サイレン
うめき声みたいな音で果てました サイレンサーの銃身震え
083:筒
筒先を突きつけられて待っている長いホースを走る告白
084:退屈
縄文の時代からただ立ち尽くす杉は退屈してない きっと
085:きざし
沈没のきざしにさえも気がつかず進むことしか頭になかった
086:石
知らんぷりするならずっとぶつけよう投げる石ならいくらでもある
087:テープ
駆け抜けたゴールのテープよく見れば黄色に黒で立ち入り禁止
088:暗
暗黒を閉じ込めている一粒の葡萄を食べて種を吐き出す
089:こころ
自分では抱えきれないこの想い キミのこころにせっせと運ぶ
090:質問
なにひとつできないくせに質問をされても困る して欲しいこと
091:命
唐突に寿命の尽きたモニターの画面のように僕らは終わる
092:ホテル
傷負ってホテルの中に身を隠す二匹のけもの舐め合い癒す
093:祝
何事を祝う日なのか知らないがめでたく俺は朝寝ができる
094:社会
ある程度遅れたものは失格だ 格差社会はそういう仕組み
095:裏
トスをしたコインの柄がどちらでも裏というなら裏なんでしょう
096:模様
来る来ないくりかえしてる来る来ない心模様はくるくる変わる
097:話
本当にできる話をしなければ努力をしても嘘つきになる
098:ベッド
広すぎるベッドの端に丸まって眠る仔猫にそっと手を置く
099:茶
お湯飲みを挟んで続く沈黙に茶柱さえも倒れてしまう
100:終
始まりを終わりにつなげば果てしなく今があるだけゴールはいらない

題詠blog2007 投稿短歌まとめ・その1 [題詠blog2007]

001:始
切り取ったロープの端を「始まり」と言えば「終わり」も同様にある
002:晴
雨滴さえ落ちてこなけりゃ真っ黒な空でも晴れと認めて生きる
003:屋根
この屋根を越えずに消えるシャボン玉涙のような滴(しずく)となって
004:限
バカでいい全部やりたい良いことは 寿限無寿限無(じゅげむじゅげむ)の名前でもいい
005:しあわせ
きみがもしあわせていいと言うならば挨拶にいく スーツも買おう
006:使
わたくしの使用許諾書「同意する」ボタンに触れて服を脱がせて
007:スプーン
ふるふると揺れる体に挿し入れたスプーンの柄をカラメル伝う
008:種
夏空のぬるい闇夜に寂しさの種を仕込んだ花火を上げる
009:週末
月曜にはみ出てしまった週末の名残を消して職場に向かう
010:握
一度目のキスは握手のようなものそれで帰れば親友だった
011:すきま
何であれすきまがあれば覗き込む ときには指を入れたりもする
012:赤
肉体に熱い魂宿るのを神が示した血の赤い色
013:スポーツ
スポーツの結果見るうち泣けてきた あのひと言を言わなかったら
014:温
スープなら温めなおし飲むくせに冷めた気持ちはすぐにポイ捨て
015:一緒
一緒にはあんまり長く居れないね また逢えるよね バイバイ諭吉
016:吹
交差点行き交う人に吹く風を窓の中からぼんやり見てる
017:玉ねぎ
泣いてるの玉ねぎ刻んだせいだよね 料理作ってくれるんだよね
018:酸
心には消えることない火傷痕(やけどあと) 塩酸入りの言葉を浴びて
019:男
女ではない性をもつ恋人を抱きたくなった男の苦悩
020:メトロ
吸い込んだ人の数だけどこからか吐き出すはずがあのメトロでは・・・
021:競
競い合い敗れてやっと気がついた自分の弱さ悔やんでももう
022:記号
新しい記号を作る その意味を知っているのはお前と俺だ
023:誰
本当に切羽詰っているけれど誰かじゃなくて君が助けて!
024:バランス
バランスを保ったまんま駆け抜ける 落ちなきゃ橋もロープも同じ
025:化
忙しくただ毎日を過ごすから夢見る脳が退化している
026:地図
ご先祖が守り伝えた財宝(たから)地図 開こうとせず旅立つ子供
027:給
ぺらぺらの給与明細そこにある数字が今の私の値打ち
028:カーテン
百年も閉ざされているカーテンの奥に美女など居るはずもない
029:国
この星の某国の北 ある町で君が読んでる私の手紙
030:いたずら
大好きな人にだけするいたずらをおまえになんかしてやるものか
031:雪
雪女 あっさり溶ける弱さより火をも凍らす強さ持て君
032:ニュース
次は勝つ ニュースペック俺様で これから先はうわさの元だ
033:太陽
地球とは離れられない でも私 太陽なしで輝けないの
034:配
心配をかけてばかりの母は老い 安心させてあげるとヤバイ?!
035:昭和
ひっそりと昭和の終わる最後の日めでたく君は生まれたのだよ
036:湯
水音にドキドキしつつ湯加減を聞いてた時代ふと思い出す
037:片思い
片思いできてた頃は幸せだ 当たって砕けそれでも平気
038:穴
そうそこよ その穴にそれ差し込むの 奥まで入れば配線終わり
039:理想
空高く投げたボールが理想ならいつかは君の元へと落ちる
040:ボタン
いくつものボタンを留めて全身に戸締りをするお宝なキミ
041:障
鍵のない障子の中で育んだ秘密はもはや隠しきれない
042:海
集まれば雨一滴が海になりこの一秒も一生となる
043:ためいき
ためいきをひとつついたらあきらめる自由になったキミは追わない
044:寺
煩悩に身悶えながら廃寺(はいでら)の本堂跡でヌード誌を見る
045:トマト
もう二度と青いトマトは食べません 赤いものなら赤がいいです
046:階段
階段を落ちてくようなスピードで下りてもそれはまた上るため
047:没
描かれた没落貴族御婦人の裸体に滲む口惜(くや)し恥ずかし
048:毛糸
もつれても暖かでした 縛られる道具は毛糸のマフラーでした
049:約
解約の期限はとうに過ぎ去って何の義務かもわからぬままに
050:仮面
優しさの仮面をいくつ持ってるの マトリョーシカの微笑みに似て


完走しました(椎名時慈) [題詠blog2007]

なんとか完走することができました。完走することが目標だったので、嬉しいです。
最後に思わぬミスをして、かなり落ち込んでしまいましたが、救済措置で気を取り直すことができました。
チェックしながらあらためて通して読んでいくと、出来不出来がよくわかります。100首というのはすごい量だな、と思いました。


100:終(椎名時慈) [題詠blog2007]

始まりを終わりにつなげば果てしなく今があるだけゴールはいらない


099:茶(椎名時慈) [題詠blog2007]

お湯飲みを挟んで続く沈黙に茶柱さえも倒れてしまう


098:ベッド(椎名時慈) [題詠blog2007]

広すぎるベッドの端に丸まって眠る仔猫にそっと手を置く


097:話(椎名時慈) [題詠blog2007]

本当にできる話をしなければ努力をしても嘘つきになる


096:模様(椎名時慈)再投稿 [題詠blog2007]

来る来ないくりかえしてる来る来ない 心模様はくるくる変わる


嬉しい! [題詠blog2007]

思いもよらないミスで、あきらめかけた題詠blog2007だったが、なんとか終えられそうだ。
ミスだけれど、どう考えても推敲といわれても仕方ないので、今年はダメかと思ったが、主催者である五十嵐きよみさんのご厚情で救っていただいた。

完走を半ばあきらめたけれど、そのままにしておくのももっと嫌だったので、Q&Aで聞いてみて本当によかった。
再投稿OKの許可が出たので、修正版で投稿しようと思う。


途中棄権 [題詠blog2007]

最悪だ。題詠blogもあと少しで完走というところに来て、大失敗をやらかした。
投稿してから、どうも頭に残ってるような歌だな?と不思議に思い、「来る来ない」で検索を掛けたら、なんとつんく作詞でミニモニの歌に同じフレーズがあった。。。。

まさかつんくの作詞のパクリになってるとは・・・歌は全然知らないけれど、どこか記憶の底にあったことは間違いない。胸騒ぎがして検索をかけたくらいだから。やってしまった・・・

ルール上、もうこの歌の削除はできないようなので仕方ないけれど、今回の題詠blog2007は失格棄権だな。。。あーあ。

実はお題の残り4首ももう出来ているが、トラックバックしようか迷っている。再投稿したいが、できない以上、残りを発表して完走報告することができない。

なんか他にも、忘れているけれどどこかで誰かの同じフレーズを使ってしまった短歌がありそうで怖い。

096:模様(修正版)椎名時慈
来る来ないくりかえしてる来る来ない 心模様はくるくる変わる


前の10件 | - 題詠blog2007 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。